10.08.2015

ファシズムを問い直す


私は、日本的な統治が劣っているとは思わない。忠孝の概念とか、年功序列とか、過剰なまでの儀礼とか、町内会やPTAに表れる集団主義的な権力構造は、私は悪いシステムではないと思う(私はそういったことに関わるのはごめんだが)。

考えるに、一個の国家が強力な力を持つためには、優れたシステムであると思う。現にこの国では、だれしも勤勉に働くし、高額な税金を納め、悪行を働かず、国家に楯突くこともない。

西洋などは、逆に力を失っていると思う。すなわち個人主義、民主主義などといったもので、統治がうまく行くと考えることは、実際逆立ちした考えである。理屈の上ではうまくいくが、これもまたプラトニズムの弊害で、あくまで理想における話である。

人間が何千年もそうしてきたように、優れた君主が国を統治するというシステムこそ、強力な国家集合体を生むのだろう。それは長く中国が世界を支配してきた事実と通じる。(私は現在の首相は考慮していない)

日本やドイツがファシズムに傾倒したのも、民主主義や個人主義の波による国家弱体化を懸念し、それに対する反発だったという気がしなくもない。ファシズムとは、考えてみれば、人間の旧来からある自然な統治様式だったのである。我々は歴史の特異的な産物、一個の集団狂気だと思わされているけども、民主主義が最高のイデオロギーとされる現今が実のところ、狂気なのかもしれない。

ファシズムとは、「団結」という意味である。

ミクロな視点では、我々は個人として切り離されている。我々の財産は個人で切り離されているし、私の生と死は、私だけの生と死だと思っている。私たちの思想は、私個人に帰属される、という風に考えている。

しかし、このような状態で力が生まれるだろうか?充実した生が得られるだろうか?ここに民主主義の弊害がある。人はふつう、だれかのために働くときこそ、強大な力を発揮する生き物だからである。

我々はある集団のために機能するときに、より大きな力を生じる。だから、(切り離された)個人はつねに集団に劣るのである。ファシズム(=団結)とは、だから、現代における禁忌なのである。それは各々が個人というくびきをかなぐり捨て、集団に帰属したときに、アンコントローラブルな力が生じるからである。

そういうわけだから、我々がある権力によって、細かく裁断され(それは一個の家庭においてもみられることだ)、集団としての力を持つことが損なわれていることになる。このことは、統治に便利だからである。

民主主義や個人主義とは、民衆の弱体化である。ファシズムの肯定とは、反シオニズム的な思想、したがってオカルトや陰謀論に通じてしまうのだけど、私はそこまで間違ったものではないと思う。


以下日記

日常は特筆すべきこともなく過ぎていく。

平安と言えば平安だが、このような日々の生活は偽りであると考える。このような生活に満足できる男があるだろうか?

生活に対する不安の消失という、私が長く求めてきた(そのために青春を費やしてきたと言ってもいい)目標に、ついに行き着いてしまえば、そんなものはただ価値のないガラクタでしかないようである。

私は「足るを知る」べきなのだろうか。人は到底満足することはできない生き物であるのだし、賢人であれば、満足することを求めないものである。日常のささやかなことに笑い、自然に生きていけるのであればそれで十分なのでは?

私の知らない世界があるのかもしれず、そこでは人々は生を思うがまま充溢させているのかもしれない?私のような空漠な人生を知ることもなく、日々重要な職務につき、有能な仲間たちとともに、生きがいを得ているのかもしれない。

私のしている仕事は、ほとんど一分の価値もないという気がする。私は商売というものに、ほとんど価値を見いだせない。それでも富の重要性はわかっているから、どうにか商売から離れるために、それだけの富が欲しいと思う。

人間は、道徳や生といった抽象的な問題よりも、目先の数字に騙されてしまいがちだ。数字というのは、ほんとうによく人を騙すものだ。

偏差値とか、点数とか、順番とか、そういった「数字」による序列は、われわれは教育によって繰り返し刷り込まれているから、そのことに疑問さえ抱かないけども、大人になってもこの呪縛は続く。年収とか、貯蓄や、出世競争などにより。


0 件のコメント:

コメントを投稿