11.04.2015

Apollo

生活が、今より少しずつよくなる――という希望が、人間が生きるということのすべてだという気がする。

結局、真理探究などに、意味はなかった。間違っていることはたくさんある。それらを切り捨てることは容易だ。しかし、厄介なことには、正しいらしいこともたくさんある。これらを切り捨てることは簡単ではない。

ひとつの神話、歴史に対して、埋没できれば、それは幸福なことだと思う。実のところ、ニーチェはこの神話・歴史を肯定している。人が生きるためには、ソクラテス流の理性主義ではなく、神話―歴史が必要なのだと。

アポロンとディオニュソスとは、音楽における和音と不協和音のようなもので、結局のところ、どちらも芸術になりうる。だからニーチェはディオニュソス的価値観を主張しながらも、アポロン主義を否定しなかった。

われわれは、信じたいことしか信じることができない。これが認識の限界である。我々の生活は悲惨に満ちている。我々のすべてが、夢や理想からかけ離れた生活を送っている。だから、我々はこう思うかもしれない。「我々は現実を認識している」と。我々はリアリストだ。神話も、歴史もない――しかしその現実はほんとうに現実だろうか。

精神分析が哲学の主要なテーマになったことがある。それは我々の精神のカリカチュアとしての精神疾患患者が、われわれの精神を説明すると思われたからである。

健常な人間であっても、いくらか神経症的な部分は持ち合わせているし、大鬱的な症候を示すことは珍しくない。だから、症例―サンプルを組み合わせれば、一個の人間的人格が、普遍的精神が生みだすことができると考えられたのだ。

ただし、健常な精神を記述することは不可能だ。なぜなら、多くの人間の属する健常の精神は、それを記述する主体がすでにそれであるから。われわれはカリカチュア的精神を記述することによって、その距離から人間の精神を探ろうとしたのだ。例えば、甲状腺の機能亢進や機能減退によって、(健常な人間からは知ることのできなかった)甲状腺の生理学的な機能を知ることができる。

そういうわけで、病人の検体が哲学の仕事になった。精神的な逸脱者、狂人の研究。しかし、その仕事はうまくいっただろうか。

私は思うのだけど、狂人とは、哲学の外にあるのではないか?我々の哲学の行き詰まり、混乱は、哲学の思い上がりにあるのかもしれない。言語ゲームと彼は言ったが、それも結局は言語ゲームじゃないか。

私は、言葉や理性によって真理に達することができるという考えを、辞めたいと思っている。我々にとって正しい道とは、言葉によって到達できないという気がするからだ。

音楽をやるときであっても、バイクに乗るときでもそうだが、結局、理性的なふるまいによってうまく行くことはないからである。うまく行っているときは、必ず非理性的であり、自然であり、記述不可能である。だから、私は理性を嫌い、本能を信仰する。

善き生とは、もはや考えることのない生であるという気がする。すべてから解放されており、したがって彼はもう考える必要はない。肉体や精神が傷つけられても、死に直面しても、自然で本能的である以上、彼はそれを気にもとめない。

ギーターの言うところの、「成功と失敗を同一のものとして、諸々の行為をせよ」とは、そういうことなのだろうし、仏教的な「解脱」もこれに当てはまるだろう。

そういうわけなので、言語的世界、科学とか、道徳を超えたところに善き生があると思う昨今である。以上の事柄は、ワインを半分あけてから書いたので、めちゃくちゃだろうが、気にせず公開することにする。

5 件のコメント:

  1.  四季に彩られた豊かな自然。循環の和のなかで調和し穏やかに流れる日々。他者と比べるのではなくて、他の人の人生の悲哀やのどやかさを慈しみ尊ぶ心根。人生を楽しみながらも、いずれ訪れる死にむけて執着を減らすことを心掛ける姿勢。
     仕事や信仰を通して己と対話し模索しながら極まっていく経験を土台とする知性。

    返信削除
  2. 相変わらず良い写真を撮るね。機種名を、差し支えなければ教えてください。フローレン

    返信削除
  3. 久しぶりにコメントを読む気になりました。
    写真は、基本的にiPhoneですが、最近はコンデジを買ってます。ソニーのRX100という奴です。

    返信削除
  4. 久しぶりにコメントを読む気になりました。
    写真は、基本的にiPhoneですが、最近はコンデジを買ってます。ソニーのRX100という奴です。

    返信削除
  5. ありがとうございます。コンデジの存在すら知らなかったので、その性能に驚きました。iphoneのカメラも侮れないのですね。いつか一眼レフが欲しいと思っていたけれど、コンデジとやらを検討してみようと気持ちが変わりました。ところで私も腕は悪くない方ですが、あなたのカメラのセンスにはいつも感心しています。見てて心が豊かになるというか・・・。フローレン

    返信削除