2.29.2016

what a

昨日は髪を切ってもらった。美容師とは株価や政治の話をするが、話がかみ合わなかった。花粉症の薬のせいか、頭がぼんやりする。眠くてしかたがなかった。

春を感じさせる暖かさのなか、バイクを走らせる。ウィンドウに映った自分の乗車姿がかっこいいので、我ながらほれぼれする。

バイクは、前傾であるべきだと感じる、しかしこの姿勢はまったく快適ではなく、楽しいは楽しいが30分も走らせると腰が痛くなる。低く落ち込んだセパレートハンドルと、バンク角を稼ぐため高く後ろに伸びたバックステップは、本来はレースで速く走るためのものだ。帰省はこのバイクで走ったが、よくこのバイクで二日1000kmを走ったものだと思う。

本屋に寄って、セールで売っていた人体の図鑑を買う。まだ親にもらった図書カードが余っているので、それで買った。

パン屋に寄って塩パンとクルミパンを買った。このふたつで120円。私は金がないからではなく、おいしいから買っているのだが、店員からすれば貧乏人に見えるだろう。ソーセージが乗っていたり、カレーを詰めて挙げていたり、チョコレートでコートされたパンは、実際あまりおいしそうに見えない。

近くの公園で海を眺めながら食べる。塩パンは、もちもちして、バターの風味がして、本当においしい。コンビニで売っているようなパンとは別次元だ。私の前には家族がいた。釣竿を垂らした男と、その息子と妻。ただ私は音楽を聴きながら海と空をぼんやり見ていた。

家に帰ると、すぐに酒を飲み始め、酔いつぶれてしまった。何だかそういう気分だった。フライドポテトをあげて、塩とケチャップで食べた。夜8時には、床についていいたと思う。強力な胃薬を飲んで寝たので、吐き気や胃痛はないが、いまは頭がガンガンする。

前の部署であれば、月曜日にこんな状態で出勤すれば、仕事に押しつぶされてしまっただろう。ただ今は暇な部署なので、こんな状態でも余裕がある。

日常は私を阻害しないようである。少なくとも今のうちは。私は恵まれている、幸福である。I see skies of blue and clouds of white/The bright blessed day, the dark sacred night/And I think to myself what a wonderful world.というわけだ。私は長く不幸だったからこういう幸福も当然用意されているべきだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿