9.16.2016

頭を痛めるおじさん

馬鹿なことをした。

Sに会いに行きたいと連絡をとってしまった。そうして無下に断られてしまった。

結局のところ、自分のことしか私は考えていないのだろう。断られたことが残念というより、ただ恥ずかしい感情。取り消したいが、まあもう遅い。私はSに子どものようだと思われただろうな。

自分から連絡はしないつもりだったが、ここのところ抑鬱気味で、救いを求めるあまり、Sに連絡をとってしまった。ただ、それでSはいよいよ私に失望しただろうし、私も余計な傷を負うことになった。もちろん、Sは直接そんなことは言わないのだが、文言でなんとなくわかる。女ごころは多少なりとも理解している。賢明なひとならわかるだろうと思う。私は、やってはいけないことをした。もう遅いのである。

ああ、手痛い失敗だな。恥ずかしい。私はまた、孤独のどん底だ。私は自分が底に落ちそうになるのを、ひっしに食い止めようとしている。美しい絵画をネットで探して、美しい音楽をYoutubeで探して、自分がひとりではないことを、再確認しようとしてる。とりあえず、生きるためにもがく。眠れぬ夜を過ごす。つぎに、私は自分が前進することに努めなければならない。

恥ずかしい。私はなんて未熟なのか。私は、もののわからない子どものまま、大人になってしまった。私は、ほんとうに27歳なのだろうか?いい年をした大人なのだろうか?扇風機に頭突きしてみる。叫んでみる。それで少し落ち着く。

神経症のあいだの孤独が、私を子どものままにしておいたのかもしれない。私は、大人の世界に入ることができなかった。私の精神は、泥の上でのたうちまわっている。私はマージナル・マンだけど、その意味は大人になれなかった大人なのだ。精神の小人。

少しは、前進したいと思い、酒やたばこの類、抗不安薬や睡眠薬は手元にあるのだが、これに手を出さないようにしたい。そうすれば、また振り出しだからだ。ほんとうは、ひとり孤独を耐え忍ぶ予定だったが、こうしてブログに手を出してしまった。悪癖だ。

何にも執着したくない。私を悩ませるものすべてから、離れたい。私は静かなところで、幸福も不幸もないところで生きたい。

しかし、逃げてはならないのだ。逃げては、未熟のままだから。戦え。俺よ。幼子よ。肉体に、生命に執着するな。傷ついてでも、打ち勝て。がんばれ俺よ。

5 件のコメント:

  1. 逃げてもいいよ。
    未熟でいいじゃん。
    子どもでいいじゃん。


    いつもブログの更新楽しみにしてます。

    あなたと同じ歳の人間より

    返信削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  3. Sのあしあと。

    返信削除
    返信
    1. Sさんではないです。女性目線からコメントさせていただいたのですが、余計なお世話かと思い一度削除しました。失礼しました。
      会いたいと連絡をとることの何が悪いのかわかりません。迷惑もしてないし、失望もしてないと思います。少なくとも良い時間を共にした相手からなら。
      女性は、はっきりと気持ちを伝えてもらい、具体的な約束があると嬉しいものです。曖昧な関係は続けたくないですから。Sさんに気持ちがしっかり伝わっているのか疑問に思いました。それでも答えがノーの時は自分の相手ではなかったと諦めるしかないですけど。怖いことですが、それしか方法がありません。
      どんなに自分にストイックになっても気持ちは相手に伝えなくては伝わりません。と私は思います。



      削除
  4. 私もsayakaさんと全く同じ考えです。今回断れたくらいで自分を責めないでください。あなたはSさんに愛されたほど十分魅力的なんだし。自己肯定感が低くなると良からぬ方向に行くから、自信を持って頑張って‼︎

    返信削除