12.01.2016

禁酒後の体調変化

寿命、精力、活力と、健康、愉楽、愉悦を増し、味わいありて、口当たりよく、滋養あり、心爽快ならしむる食餌は、純性の人の愛づるところなり。(ギーター)
酒を飲まなくなった。飲まなくなって、もう三ヶ月経つ。この間、会社の忘年会があったので、ビールを三杯、梅酒を二杯、日本酒を一杯、家に帰ってから、ハイボールを一杯、水割りを一杯飲んだ。翌日は仕事だったが、へばってしまった。それでも、また禁酒を続けた。

私は自分にある条件をつけており、他人が施してくれるものは無条件でいただくことにしている。奢られれば酒は飲むし、肉も食らうが、自発的にはしない。

今日は初めて煮物を作った。にんじん、ごぼう、こんにゃく、揚げ豆腐で作った煮物である。これはたいへんおいしかったし、多少時間がかかるが、おもいのほか簡単だと思った(昆布だしは偉大である)。

酒をやめると、朝の目覚めがよくなる。なので会社に弁当を持っていくことになった。味噌汁の入る弁当箱で、ご飯、味噌汁、梅干しは毎回入れることにし、あとはおかずを適当に加える。梅干しは10円くらい、味噌汁は20円くらい、ご飯は実家から送られるのでタダ、惣菜はスーパーで半額のを買ってきて適当に詰める。たぶん100円もいかないのではないかと思う。これまで、会社まで配達してくれる弁当屋に頼んでいたが、毎日500円も取られるのだから結構な出費だった。

朝食は必ず、味噌汁と納豆とご飯にしている。これをひとつの椀に入れて食べるのである(納豆のタレ・からしは捨てる)。見た目はよくないが、簡単だし、健康的だし、安価だし、だいいちおいしい。私はこれをありがたがって「アムリタ」と呼んでいる。だいたい50円くらいで済む食事だ。ときどき海苔やネギ、梅干を加えてやる。

夜は煮物とか、魚の煮たやつを食べたりする。たまに酒が恋しくなると、ノンアルコールビールを飲むようにしている。これもあまりよくないだろうから、炭酸水にシフトするように心がけている。

こういう生活をしていると、ほとんど食費がかからなくなる。スーパーでは4~500円程度で抑えている。買い込んでも1000円いくかいかないかである。酒を飲み、ポテチやチョコレートを好んで食べていたときは、一回で2000円や3000円払うこともあった。

摂取カロリーが減るから当然だろうが、体重はどんどんと減っていった。BMIは18.5を切り、低体重ということになる。ただ、最近読んだ本では人間の脂肪量は遺伝でほとんど決まっているようである。
大半の文化圏では、食べ過ぎと肥満は意志の力が弱いせいだとされている(ダイエット業界もそう主張する)。しかし、遺伝学的には、その考え方に対する強力な反証がある。養子、双子や家系を対象とした研究データが示すところでは、体重の軽重は、八〇%遺伝的に決まっている。この比率は身長などの身体的特性の遺伝性と同じで、乳がんや統合失調症や心臓病といった、現在では遺伝的素因があることが明らかだと見なされる病気における遺伝性よりもはるかに高い。(「快感回路 なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか」/デイヴィッド・J・リンデン)
同窓会など行けばわかると思うが、太っちょだった子はあいかわらず太っちょである。私は子どもの頃から、どれだけ食べても太らない痩せ型の体質だった。酒やポテチでふくれていたのが、もとに戻ったと考えるべきだろう。肌ツヤや顔色はよく、この時期でも身体が冷えることはないので、健康なのだろう。

こうした食生活でたいへん好ましいと感じるのは、腸の具合がよいことである。酒を飲んでいたときは、ほとんど毎日下痢していた。今考えると、恐ろしいことだと思う。腸の具合が良いと、物事を肯定的にとらえることができ、勇気や活動力が湧いてくるもののようである。腸の具合が悪いと、抑うつや無気力感に襲われる。腸は第二の脳と言われる。それほど多くの神経叢が集まっているのである。われわれの感情や思考は思っているよりも腸の影響が強いように思われる。

腸内環境の改善の効果かわからないが、部屋をきれいに保つことができるようになった。部屋の快適さを向上させようと思い、模様替えをしたり、ソファを置くようになった(今もソファで書いている)。新しい楽器を買ったり、新しい人と知り合うようになった。台所のシンクもきれいになったし、冷蔵庫のなかに干からびた野菜が転がっていることもなくなった。適度にシャンプーをするようにし、香水をつけるようになり、口臭や虫歯に気をつけるようになった。生活全般が改善したようである。

生活が向上すると、社会的な成功を求めたくなる。女にモテたいし、金を稼ぎたいと思う。この感情はとても健全だ、と私は自分で評価する。性的な意味での成熟と、社会的な意味での成熟を示すからである。三十路前にしてようやく人生に向き合うようになったな、と思う。

とりあえず株でも始めようかと思っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿