1.10.2017

His nightmare

このまま毎日書き続けることに意味があるのだろうか。

それでも、書かなければ気持ちが悪い。安住できる場所がなくなるという気がする。ナマミの世界で、私はうまく呼吸ができない。仕事をして活動しているときの私は、水のなかのように曖昧である。それは通りすぎるべきもの、省略すべきもの……。書くことによってやっと、一歩一歩進むことができる。現実の世界は、足跡と足跡の間の空白。

変な人間に生まれたものだな。

自分が特別に優れていると思うときがあるし、単なるイレギュラー、奇形の個体なのではないかと思うときがある。

私がこんな人間ということは、不思議なことだ。

どうして真っ当に生きられないのだろう。なにをするにも、立ち止まって考えてしまうのだろう。不自然で、滑稽で、奇異である。見えないものが見えるし、見えるべきものが見えない。

ああ、生きづらい。私は自分が正しく生きているのか、つねに確認してしまう。過去がどこまでも追いかけて、私を責めさいなむ……。「ここにいてはいけない」と鞭打ってくる。疲れてしまう。ここにいさせてくれ、少し休ませてくれ。空白のなかに沈ませてくれ……。

1 件のコメント:

  1. 真っ当な生き方って何ですか?

    正しい生き方って何ですか?

    返信削除