5.29.2017

ただの日記

引っ越し作業をしている。結局、業者を使わずに自分ですべて行うことに。

日本の不動産業界って、めちゃくちゃだな……と思う。社宅だから敷金礼金なし、家賃も2割負担だったのだけど、いざ自分で他の物件を借りようと思ってびっくりした。

敷金と礼金それぞれ2ヶ月分?いきなり5ヶ月分も払うのか?それに保険加入が強制?鍵の交換費用は借り主が負担?一年以内に退去したら罰金?まったく意味がわからない……違う星に来たみたいな感覚だ。3万円のアパートを借りるのに、20万円くらい金がかかる。どういうことだ。

でもほとんどの人は何も疑わずに黙って金を払っている。ほんとうに日本のこういうところが大嫌いで、まんまと嵌められるお人好し(というかただの痴愚)な日本人も嫌だ。

日本人はまじめだ、きちんと列に並ぶとか、静かでシャイとか、自分たちの「民族性」を誇るアホもいるけれど、いまの日本人像は為政者=搾取者に都合よく創られた偶像でしかない。誇り高き日本人様ならこんなクソシステムぶっ壊してるよ。

まあそんなわけで、賃貸はやめて実家に戻るのである。引越し作業は……とんでもなくめんどくさい。財が増え物が増えると身動きが取りづらい。最近断捨離だのミニマムライフだのが流行しているのも納得。



生活の目処はいまだに立たない。私は無収入のままで何をするのだろう。タイへ行くといっても、なにか生産的な目的があるわけではない。ただなんとなく、刺激が欲しい……というか。部屋と図書館の往復……試験管のように感覚をシャットダウンされた理想状態では、神経が根腐れするような気分になる。

一人旅であっても、旅をしているあいだは案外孤独ではない。ゲストハウスに行けば同じように一人旅をしてるバックパッカーがたくさんいるし、好奇心で話しかけてくる現地人も多い。図書館に篭って毎日読書するよりも、少しは人間らしい生活ができるかもしれない。ちょっと人に飢えてきたのだ。読書なら海外でもできるのだし。

旅に行くにかけて、不安はまったくなし。タイは一度行ったことがあるということもあるが、もう自分の人生にたいして少し投げやりな、「どうでもいい」という気分なのである。失敗したらそれはそれでいいし、滞りなく行けるのであればまたそれでよし。万一死んでもそれはそれでいい。もう30年も生きていると、生に対する執着はあまりなくなる。

旅行以外には、英語の勉強を再びするようにしている。英会話ではなくてウェブのテキストの翻訳作業をちまちまと。最終的には英語の哲学書が読めるようになりたい。ドイツ語と英語なら文法も同じだから、ニーチェの英訳を読んでも良さそうだ。

本当はドイツ語フランス語ができたら良いと思っているが、あまり西洋の言葉に偏るのもよくないと思っている。英語の勉強をするだけでも頭が西洋化していく気分になる。

それにしても、外国語の勉強はそれ自体が楽しい。海外旅行なんかよりずっと異文化を味わえているのかもしれない。

言語は次々と死んでいっている。一方で新しい言語が生まれている。私はなんJ語が結構好きだ。よろしくニキー(兄貴)とか、なんとかして、どうぞ、とかそんな言葉。なんJ民はもともと2chのプロ野球ファンの集団だが、その存在はネット上の部族のようでおもしろい。

なんJ民は掲示板を乗っ取った移民(外来種)である。(´・ω・`)は原住民とされる。

サッカー好きと野球好きとか、任天堂派とソニー派とか、そういう区分がネット上では部族的抗争として現れるのは興味深い。そういう「部族化」が、国民化、あるいは個人化に対する抵抗のようにも見える。
ヨロシクニキー、小並感wwwンゴンゴニキー、ぐう震え声www
ンゴンゴwwゴンゴンww(ぐう畜ぐうかわ)アンド(ぐう聖)
日ハム内川「(川ンゴ児ゥ)いかんの茶~!?」wwwwwww
臭い!うんこやんけ! (その顔は優しかった)
う~んこのホッモなカッス(お、察し)(あ、察し)あっ…(迫真)
なおわいはイライラの模様・・・(ニッコリニキ
ポロチーン(大合唱) ←チーンwwwwwwwwwwww
大松「お!(お客様ニキンゴ)?よろしくニキファル川GG児WWWW?????W」
お茶茶茶茶茶ッ茶wwwwwwwwwwww(オカン)
あのさぁぁ!あくホリデイ(憤怒)←(適当ニキ)
↑ああ~^^これは教育開始だろなあ^^(指圧)
ちょwwwWADAに草生える可能性がBIRESON!?www(迫真ニキ

なんJ語はイリイチの言うバナキュラーなのではないか、ということを考えている。ちょっと無理があるかもしれないけど。なんJ語にはローカルさと懐かしさが具わっている。標準語(山の手言葉)に対抗する生き生きとした言語感覚。

そういえば山本哲士ってベイスターズファンなんだよなー。少しは関係があるのかもしれない。野球好きの哲学者って珍しい気がする。

0 件のコメント:

コメントを投稿