6.28.2017

目で鼻で耳で舌で皮で肉で骨で

"whatever does not spring from a man's free choice, or is only the result of instruction and guidance, does not enter into his very nature; he does not perform it with truly human energies, but merely with mechanical exactness" and so when the labourer works under external control, "we may admire what he does, but we despise what he is."
そうそう。プロテスタンティズムは実行の倫理。人間を原子のひとつにしてしまって、肉体や精神の個別性を無視する。大切なのは「何をしたか」。原子には属性が付与される。東大を出たとか嫁が若いとか貧乏人だとか。そういう属性が付与されるのであって、彼の「人格」はそういった属性の集まりだと判断される。もはや面接官や判事は彼の肉や骨、目や指を見ない。そこにあるのは装飾された原子なのである。そして個性というものの正体はこの装飾に過ぎない。

それは私たちが労働者を見ないのと同じである。工場の労働者は原子となる。彼はただ何の部品の担当か、何の工程の担当かということで区別される。労働者は白い作業着によって視覚的にも原子化される。彼は単なる機械とみなされるため、特別の故障や問題なく作業することができれば機械と一体化する。彼は道具であるが、それだけでは無価値である。ハンマーが無人島に置かれたところで価値がないように、使われなければならない。しかし使い手は機械であるので、彼の肉がどのようについているか、いかり肩かなで肩かなどは問われない。他の機械との一体化こそ、彼の存在を許すゆいいつの道なのである。そこで評価されるのは「何をしたか」であって彼自身ではない。



私たちは強迫的に行為を求めている。何かをしなければならないと思っている。仕事をしなければならない子どもの世話をしなければならないとか大学に通わなければならないと思っている。そうでないと価値がないとされるからである。行為を放棄し属性を身に着けない存在は赤んぼうと同じで無価値である。中卒のニートのひきこもり。無価値どころかそういった「大人子供」は、何か嫌悪感を抱かせるものらしく迫害の対象になる。それは軽蔑の形をとるけれど本当のところ恐怖である。ひとは軽蔑する対象は迫害しない。ひとは恐れによって行動する。明治政府は高等遊民をとにかく排除したかった。貴族的精神に知性と時間が合わさるとろくなことがないのである。

ただ在るということを自分に許すことが難しくなっている。SNSでたくさんコメントをもらったりブログの読者が増えたりカントを読んだりゲーテを諳んじてみたり年収2000万円を目指してみたりうまいものを食ったり高級車を買ってみたり、ということで自己肯定する。自分はまともな存在なのだと考えるようになる。

何をするかが思考の限界領域になっておりもはや「自分が何者か」は問われなくなった。自分が何者かは考えられないし考えたくもないということで、自分が何をしたかが自分が何者かであるかを規定するようになった。これは自分を客観的に見つめるということである。自分は何者か、と考えるときに履歴書一枚で済むような人がいる。

現実には学歴なんて意味がないのである。もちろん親の財力や社会階層を知る上では役に立つかもしれない。だがそれよりも私が見たいのは肉であり骨である。骨と骨は共鳴する。皮膚よりも肉が深く、肉よりも骨が深い。皮膚感覚で相性がよくても長続きはせず、離別してずっと経ってから思い出すのは骨の相性のよかった人間である。

私たちのコミュニケーションは目を介すだの言語を介すだの言われているが脳みその機能が私たちには未知であるようにコミュニケーションの実体も解体され得ない。私はひととひととの間は共鳴だと考えている。だから人間を原子として見、属性化するような社会制度はアホらしいものである。それは人間を見るためのものではなく道具を評価するための基準である。が、これは広く一般化され私たちも属性によってひとを評価するように教育されている。だからツイッターやフェイスブックなどが大衆ウケするのである。あれは原子たちの饗宴なのである。

人間はそのような属性から見えてこない。私はそんなものより骨と肉をずっと見ていたい。骨と肉の密な暗い領域に憧れる。目で鼻で耳で舌で皮で肉で骨で、肉と骨を感じたい。



0 件のコメント:

コメントを投稿