7.20.2017

バリ島に滞在している

唐突だが、現在バリにいる。

予定していたチケットが取れていなかった→再検索したら、ずっと安い便を見つけた……というわけで、「明日の飛行機に乗る」という暴挙に出た。

出発一時間前に空港に到着するという一悶着がありながらも、無事バリへ到着した。いやほんと、成田の職員に「もう厳しいと思いますよ」と言われたときは焦った(全然余裕だったけど)。

ちなみに……料金は成田―バリ 15000円。これがどれくらい安いかというと、東京―大阪の新幹線料金と同じ。

「そうだ、バリへ行こう」で翌日にはバリに居る、というのは隔世の感。

バリのデンパサール空港。人が非常に多い。

バリへ着いて思ったこと。「涼しい!」日本の夏より快適である。もちろん気温は28℃程度はありそうなのだが、乾季ということもあり嫌な湿気がなく落ちついて過ごせている。

今はクタという空港近くの都市部のホテルに泊まっているのだが、日本人好きが多い。

タクシーでホテルまで行こうと思ったが、2000円とかふっかけられる。まあこの辺はどこの国でもよくあること。

歩くのが好きなので空港からホテルの距離(4km)を歩くことにした。成田空港なんかと違って、空港の規模が小さく、また都市部もたいして発展していないので、歩いていける距離にホテルがある。

だらだら歩いていると、道半ばで煙草を吸ったモンスターエナジーなちゃらそうな兄ちゃんに声をかけられる。

「日本人ですか?」「ぼくも日本人」「日本人の友達たくさんいるよー」「ぼくの名前はまっちゃん」

これがインドやタイだったら「ああはいはい」、となる。

海外旅行で「日本語で声をかけてくる奴」はほぼ100%詐欺師だからだ。私も何人もそういう詐欺師に声をかけられていたので、身構えていた。

しかし、話してみると詐欺師っぽくない。なんだろう、しつこくない感じ。

そんなわけで、「ホテルまでバイクで送ってやるよ」「俺は日本の友達にはいつもそうしてやるんだ」というので乗せてもらった。

タイで声をかけられて、同じように乗せてもらったことがあるが、降りるときに金を要求されるのが常だった。(今回も土産物屋に連れてかれたりするのかな~最悪路地裏でリンチかな~)と思ったが、すんなりホテルに到着。

ふつうにいい人だった。

疑ってごめん、まっちゃん。裏ピースがチャラい。

で、ホテルでシャワーなど浴びる。ここもパタヤと同じで、ファランが多い。パタヤと違うのは、アジア人が少ないということ。ちょっと疎外感。

あと、パタヤと比べるとだいぶ閑散としているなあ……と。リラックスできるからよいのだが、少し寂しい。たぶん、呼び込みが少ないからだろう。パタヤではマッサージ屋やバーから、「お兄さん~!」と黄色い声が飛んでくるので、なんとなくモテる気持ちになれる(気持ちだけ)。

晩ご飯はベジタブルナシゴレン。20Kルピア=160円くらい。

やはりナシゴレンはうまい。

帰り道、宴会中らしきツアー店のおっさんに「こんばんは」と声をかけられ、ワインを飲んでいけ、と言われる。やはり日本語が達者。

一杯だけもらうことにした。たぶん国産ワインなのだろう、濃厚な、妙な味がする。他の店員(日本語が通じない)もいて、あまり長居しても悪いだろうと思い、おっさんと仲良くなってお別れ。

インドネシア、タイよりずっと治安が悪いと思っていたがそうでもない気がする。親日家が多いのではないか?あれだけ日本語が上手なのは、よっぽど日本が好きではないと無理。

というか、邪推するとバリ島は日本人女性が買春することで有名で、そういう目当ての男が多いのかもしれない。海外でセックスおばけに豹変する日本女性は本当に多くって(買春する男も同じくらい多いが)、よほど日本人は性的に抑圧されているんだろうと思う。


ホテルは一泊100K=800円くらいのプール付きシングルルームを借りたのだが、ひどいところだった。まず、バスルームが臭い。そして、ダニと蚊が多い。エアコンがないので窓を開けなければならないが、網戸がないので蚊が入り放題。

プール付きなのはよいが、涼しいので入る気にならない^^;

それでも我慢して寝ていると、深夜一時くらい、女の泣く声が聞こえてくる。それも尋常ではない叫び声。現地人かと思ったが、ホテルのフロントでどうやら英語で絶叫しているようだった。現地人と口論している感じ。そんな状態が30分続いていた。

なんだ、この地獄のようなホテルは……バリってやっぱり治安が悪いのかなあ……。とぼんやり考えながら寝た。しかしあれほどの女の絶叫は初めて聞いた。何をされたのか……。

ちなみにインドネシアでがっかりしたのは、ビールが高いことだった……(一本2~300円)。イスラム系の国だから仕方がないのだろう。

朝目覚めると最高に気分がよろしい。というのも、空気が澄んでいて、さわやかだからである。とりあえずこの気候のためだけでも、バリにきてよかったと思う。

いろいろあったが、今日もだらだらしよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿